2014年03月16日

天然温泉「さくらの湯」(群馬県高崎市)

【2014年3月15日訪問】

 群馬県高崎市に行ってきましたわーい(嬉しい顔)

JR高崎駅(撮影:銀河流星)
高崎駅.jpg

 群馬県にはこれまで何度も訪れています。草津温泉2回、伊香保温泉2回です。群馬県には良い温泉がたくさんありますねわーい(嬉しい顔)

 高崎駅周辺にも温泉があるに違いないと思い調べたら、駅から徒歩12分のところに100%源泉掛け流しの温泉「さくらの里」がありましたexclamation×2

 早速、行ってみると料金は500円と良心的。建物はロッジ風でこじんまりとした造り。街中にある落ち着いた温泉でしたよわーい(嬉しい顔) 

さくらの湯 http://www.sakuraonsen.jp/

さくらの湯(撮影:銀河流星)
さくらの湯.jpg
さくらの湯1.jpg
さくらの湯2.jpg
posted by 銀河流星 at 01:53| Comment(0) | 10 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

吉野梅郷(よしのばいごう)梅まつり(東京都青梅市)

【2010年3月11日訪問】

 東京都青梅市にある吉野梅郷(よしのばいごう)に「梅の花見」に行きました。雪がまだ残っていたけど天気は快晴、梅も7分咲きとなっていて、きれいでした😃
 思わず口から、うめー酒! の一言が出たり😃

 吉野梅郷は、行きたいと思っていたスポットの一つだったんで、願いがかなってかなり満足です😃

吉野梅郷(撮影:銀河流星)
吉野梅郷1.jpg
吉野梅郷2.jpg
吉野梅郷3.jpg

【追記】
 吉野梅郷は、ウイルス対策で全木伐採されるそうです。2014年が最後の見納めなので、お近くの方はぜひ訪問してくださいね。

記事:
今年で見納め「梅の公園」 青梅市、ウイルス対策で全木伐採
(2014年2月28日産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140228-00000543-san-soci

 全国有数の観梅の名所として知られる青梅市・吉野梅郷(ばいごう)の「梅の公園」が、3月いっぱいで見納めとなる。“致命傷”であるウメ輪紋ウイルス(PPV)を封じ込め、根絶するため、「梅まつり」(3月1〜30日)終了後、園内のウメの木がすべて伐採・処分されるからだ。PPVは同市を中心に西多摩地区で猛威を振るっており、公園の再生には時間がかかりそう。市内全域でウメ植栽を再生・復興するには少なくともあと7年かかる見通しだ。(三浦恒郎)

 梅の公園は吉野梅郷の中心施設で、現在約120種、1300本弱のウメの木がある。毎年、紅梅や白梅、ピンク、黄色と咲き乱れ、シーズンには10万人近い観梅客が訪れる。

 もともと1800本以上あったが、PPV感染木やその周辺木が伐採され、「このままでは感染、伐採の繰り返しで500本を割り込みかねない。全伐採でPPVを根絶しようと腹をくくった」(青梅市農林課)という。

 同市は平成25年3月に「梅の里再生計画」を策定して25〜32年度でPPVを封じ込め、根絶し、苗木や成木を植えてウメ植栽を再生する施策を進めている。26年度は、梅の公園にどんな種類のウメをいつまでに、何本植えるかといった具体的な再生計画の策定、市内全域で伐採したウメに代る苗木5千本の確保事業などにも取り組む。

 同市では21年4月に日本で初めてウメのPPVの発生を確認。市全体で21年度に197本、22年度に1万2280本、23年度に4876本、24年度には8948本が伐採・処分された。

 一方、22年2月に植物防疫法に基づきウメ、モモなどの移動禁止の措置がとられたが、昭島、あきる野、八王子、羽村、福生市、奥多摩、日の出町と都内7市町にも感染が広がっている。

【用語解説】ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス=PPV)
ウメやモモ、アンズなどに接ぎ木やアブラムシ媒介で広く感染する。葉に輪紋や斑点が生じ、果実が成長しなくなったり、表面に斑紋(はんもん)が出て商品価値がなくなったりする被害がある。人や動物には感染しない。
posted by 銀河流星 at 02:17| Comment(0) | 13 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

錦市場商店街(京都府京都市中京区)

【2014年2月8日訪問】

 日本を代表する国際観光都市「京都」。JR東海のCMで「そうだ 京都、行こう」ってありましたねわーい(嬉しい顔)

 私も京都は大好きで、これまで20回以上訪れています。嵐山金閣寺銀閣寺清水寺八坂神社東映太秦映画村平安神宮西本願寺、石庭で有名な龍安寺(りょうあんじ)、南禅寺二条城etc

 行った場所は数え切れませんが、京都は何度行っても新しい発見がありますわーい(嬉しい顔)

 京の台所といわれる「錦市場商店街」(京都府京都市中京区)」は、地元の人と観光客でいつも活気にあふれていて立ち寄っています。

 ところで、京都市営地下鉄「京都駅」の柱にボックスのようなものが付いていました。ボックスに座ったり、荷物を置いて整理したり、とても便利です。観光地「京都」では大きな荷物を持っている人が多いので助かるでしょう。地べたに荷物を置くより清潔です。
 こんなちょっとした利便性の積み重ねが街の魅力を増しているような一コマでしたわーい(嬉しい顔)

錦市場商店街 http://www.kyoto-nishiki.or.jp/index.html

錦市場商店街(撮影:銀河流星)
京都錦市場1.jpg
京都錦市場2.jpg

京都市営地下鉄「京都駅」(撮影:銀河流星)
京都市営地下鉄1.jpg
京都市営地下鉄2.jpg
posted by 銀河流星 at 19:38| Comment(0) | 26 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。